do7be.exports

寿司の話かエンジニアリングの話

Chatworkでの発言をDiscordに流すようにした

けっこう前に適当に書いたコードの話。

某ゲームのChatworkグループに所属しているのだが、Discordしか見ないメンバーもいてDiscordでも見れるようにしてほしいとの要望から作りました。

こんなかんじ

f:id:do7be:20170826193721p:plain

書いたコード

  • GASで実装
  • 15分ごとにChatwork監視(もっと頻度多くてもよさそう)
  • 新規メッセージがあればDiscordのWebhookを叩く
function main() {
  var messages = getMessages();
  if(!messages) {
    return;
  }

  var message = [];
  for (var i = 0; i < messages.length; i++) {
    message.push(messages[i].account.name + ' > ' + messages[i].body);
  }
  message = message.join('\n');

  sendMessageToDiscord(message);
}

function getMessages () {
  var params = {
    headers : {"X-ChatWorkToken" : ChatworkAPI申請して取得したトークン},
    method : "get"
  };
  var room_id = Chatworkの部屋ID;
  var url = "https://api.chatwork.com/v2/rooms/" + room_id + "/messages";
  var rawRespons = UrlFetchApp.fetch(url, params);
 
  if(rawRespons == "") {
    return;
  }
  
  var response = rawRespons.getContentText();
  var json = JSON.parse(response);
  Logger.log(json);
 
  return json;
}

function sendMessageToDiscord (message) {
  var url = 'https://discordapp.com/api/webhooks/チャンネル番号/トークン';
  var payload = JSON.stringify({content: message});
  
  var params = {
    headers: {
      'Content-Type': 'application/x-www-form-urlencoded',
      'User-Agent': 'DiscordBot (http://example.com, v0.0.1)',
    },
    method: "post",
    payload: payload,
  };
  
  Logger.log(params);
  
  var rawRespons = UrlFetchApp.fetch(url, params);  
}

function test () {
  sendMessageToDiscord('テストでーすwww');
}

事前にやること

  • ChatworkAPI申請
  • Discord Webhookの作成

f:id:do7be:20170826194208p:plain

余談

  • 適当に書いたコードなのでかなり汚くてすまそ。
  • Discordのドキュメントだいたい英語でちょい時間かかってしまった。
  • 本当はBot作りたかったんだけどなぜかHeaderのAuthorizeがうまく通らなくて諦めてしまった。
  • LoLやってる人は気軽に連絡ください。一緒にやりましょう!