do7be.exports

寿司の話かエンジニアリングの話

国会議事堂らへんで高い寿司を食ってきた

国会議事堂のすぐちかくで寿司を食べてきました。

tabelog.com

f:id:do7be:20151008233643j:plain

普通なら数万はいきそうなお店ですが、健康保険組合の力でなんと5000円で最高級コースが食べられるとのことで職場のメンツで行ってまいりました。

寿司と言えば日本酒!ということで別料金で注文しました。お酒も安いです。オシャレなとっくりですね。

f:id:do7be:20151008233649j:plain

はじめは白魚から。臭みが一切なく、非常に上品な味わいでした。

f:id:do7be:20151008233653j:plain

続いてお造り。右からカツオ、エビ、サワラです。左のやつは忘れましたw

サワラが本当においしかった。身もしっかりとしていたのですが、皮をほんの少しだけ炙っているようで、初めての食感に卒倒しそうでした。

f:id:do7be:20151008233658j:plain

お次は茶碗蒸し。表面にはかぼちゃのすり身がのっています。

f:id:do7be:20151008233706j:plain

そしてししゃも。写真だとわかりづらいかもしれませんが、本当にでかい!しかも苦味が一切ないんです!本当に!オスなのかわかりませんが、卵がなくても身だけの味わいで頭からしっぽまで満足できる一品でした。

f:id:do7be:20151008233720j:plain

出ました。うにいくらです。下にはご飯が敷いてあります。はっきり言います。死ぬほどうまいです。うにが…「プリッ…じゅわ~…」みたいな感じで、舌がうにになってしまったのかと錯覚するほどうにの風味が口の中に広がるんですね。

f:id:do7be:20151008233735j:plain

そして本命の握り!左下からコハダ、貝(忘れた)、ヒラスズキ、車海老、金目鯛、中トロ、赤身、ビントロです。

f:id:do7be:20151008233742j:plain

もう全てが芸術でした。あえてこの中から美味しかったものを挙げるとすれば、貝、金目鯛、中トロ、ビントロでしょうか。特にビントロは宝石でした。脂で誤魔化さず、引き締まった身そのものが深い味わいを持ち、それでいて後からやってくる脂がフィニッシュを引き立てていました。最高でした。

驚いたのが、高いお寿司ってシャリが崩れないんですね。でもご飯は潰れていない。これが板前の修業の成果なんだと、実感しました。

f:id:do7be:20151008233748j:plain

そして巻物と穴子と玉子、ゴボウです。玉子には本当に驚かされました。プリンのような食感でどうやってこの形状を保てているのだと。味は上品な洋菓子のようにほんのりと甘く、気分が良くなる一品でした。

f:id:do7be:20151008233759j:plain

蜆の味噌汁。これはもう一生飲めますよ。「会社のウォーターサーバから出てきてほしい」と口ずさむほどにソウルドリンクでした。

f:id:do7be:20151008233805j:plain

最後はデザートにみかんのシャーベット。

おいしかったんですが、驚いたのはスプーンの方。木製でヘラのようなものだったのですが、これを使うと本当にシャーベットが食べやすいんです。何を言ってるんだと思われるかもしれませんが、こういう細かいところまでしっかりと気配りができているいいお店だと実感しました。特にデザートって最後ですからね、気分よく帰ることができるようにとの心遣いだと思います。

f:id:do7be:20151008233809j:plain

そしてお店を出ましたが…

飲み足りなかったので同じビルのバー ブロッサムへ。

tabelog.com

ジョニーウォーカーラチナムラベルをロックで。

f:id:do7be:20151008233814j:plain

いい夜景を飲みながらこの酒をこの値段で飲めるなんて…健康保険組合さまさまだと気づいてしまいました。

まとめ

国会議事堂らへんでうまい寿司を食べたければ、いい健康保険組合に入っている会社に入ろう。